カウンセリングの種類

カウンセリングの種類は1対1の対話だけではありません

カウンセリングは、本来相談をする側とされる側が直接対面し、対話を通して行われる手法が一般的です。しかし、カウンセリングの種類は対話だけではなく、他にもいくつかの方法が存在します。 代表的な手法は、心理テストです。簡単な質問用紙に思いつくまま回答を記入し、回答内容や回答傾向からテストを受けた人の心理状態を把握する手法です。対人だと話しにくい、思いを伝えにくい方にとっては有効な手法として知られています。同じ内容でも、質問の仕方を変えられる利点があり、多角的にその人を分析しやすいというメリットもあります。 他にも、大勢なら話しやすいという方には、グループによるカウンセリングなどもあります。同じ悩みを共有する人たちと一緒に話すということから、より具体的な話が聞きやすい状況が期待できます。

より有効なカウンセリングとは

カウンセリングは通常、医師又は心理カウンセラーが相談者と1対1で対話する方法がポピュラーです。より自分に合ったカウンセリングを受けるためのポイントはどこにあるのでしょうか? まずは、自分が置かれた状況をなるべく客観的に把握し、改善のための専門知識を持っている相手を探すのが妥当です。心療内科の先生も専門分野というものがあり、うつ病に知見の深い先生、統合失調症の臨床経験が豊富な先生など様々です。相談する前にホームページなどで、病院の特徴を調べておくと、より有効なカウンセリングを受けられる材料になります。 問題解決よりも「とにかく話を聞いてほしい!」という方は、心理カウンセラーに相談してみるのも効果的です。話を聞くプロフェッショナルとして、悩みを共有、分析してくれます。今後どうしたらいいかのアドバイスも、もちろんくれます。

精神科を名駅で探すならインターネットを利用しましょう。ネット予約などが可能なケースもあり、人に知られることなく通うことが出来ます。