カウンセリングのメリット

自分の本音をさらけ出せる

うつ病や社交不安障害、パニック障害などの患者に対して行われるのがカウンセリングです。カウンセリングとは、基本的に患者とカウンセラーとの対話を中心に進めます。患者は抱えている思いや置かれている状況などを話し、カウンセラーはその話にじっくり耳を傾けます。精神的に辛い状況に陥っている人は、誰にも悩みを打ち明けられず我慢し続けた結果、病気を発症するケースが多いです。自分の事を理解してくれる人はいないとずっと孤独な気持ちを抱えている方の場合、カウンセリングによって悩みを全て吐き出せると気持ちがスッキリします。またカウンセリングではカウンセラーが否定的な言葉を発する事はありません。自分の悩みを理解しようとしっかり話を聞いてくれるカウンセラーの姿勢に「自分の辛い状況をわかってもらえた」と安心出来るのです。

悩みに対して本質的な解決が目指せる

今まで誰にも言えなかった悩みを吐き出し、対話を繰り返す事で患者とカウンセラーの間には信頼関係が生まれていきます。そして自分の悩みを人に伝えるという作業によって、いつしか自分を客観視出来るようになります。冷静に物事が考えられるようになると、そもそも何故病気になってしまったのか、その原因となった考え方や行動パターン、環境要因なども明確になっていきます。考え方や行動をどのように変えていくかは、カウンセラーの介入やアドバイスがあるので、自分1人で解決していかなければならないと悩む必要はありません。治療を進めていく中でストレスの対処法、自分のマネジメント法なども習得できるので、長い将来に向けてより良く生き抜いていける術も身に付けられるのです。

気持ちがすぐれなかったり精神面で気になることがある時は、精神科を名古屋で受診することをおすすめします